Diving in North Sulawesi (Manado)





ダイブセンター付近のハウスリーフ
スロープとドロップのコンビネーションのポイントです。スロープにはハナヒゲウツボ、ワニゴチやジョーフィッシュ、ハダカハオコゼ。1cmぐらいしかないタツノオトシゴの仲間も見ることができます。
ドロップの棚の上はサンゴ礁がとてもきれいでハナダイ、スズメダイがたくさん群れています。



ブナケン島から南へ行くと・・・
当リゾートから南へ1時間ほど行くとポポ村があります。この村の前がダイビングポイント。
ゆるやかなスロープにはジュゴンの大好きなあま藻があり、ごく稀にジュゴンを見ることができます。
マクロのポイントでタツノオトシゴ、カエルアンコウ、多種ウミウシが生息しています。




  イソコンペイトウガニ

ブナケン島
ブナケン島はダイナミックなドロップオフな地形になっています。そのドロップの壁には巨大なツボカイメン、ウミウチワ、ムチヤギ、ソフトコーラルがたくさんあり、多種多様の魚たちが住んでいます。
オアウミガメ、ナポレオン、クマザサハナムロの群れ、カスミチョウチョウオ・・・
また、壁に出来た砂地やサンゴにはマクロな生物が隠れています。
イソコンペイトウガニ、オラウータンクラブ、ニチリンダテハゼ、オドリハゼ・・・



戻る